飛行機にパソコンは持ち込める?預けられる?注意点を教えます

仕事の出張などで、パソコンを持って飛行機に乗らなければならない時があるかと思います。



そんな時、パソコンは機内持ち込みするべきなのか、スーツケースに入れて搭乗前に預ける荷物に入れたほうが良いのか・・・と悩んでしまうかもしれません。

慣れていないと、意外に知らないことも多いですよね。

飛行機にパソコンって持ち込めるの?預けられる?

持ち込んだ場合は使えるの?

パソコンを持って飛行機にのる場合の疑問点を整理してみました。

スポンサーリンク

飛行機内にパソコンは持ち込めるの?使えるの?

飛行機の中にパソコンは持ち込めるのか?



結論を先に伝えると、ノートパソコンは手荷物として機内に持ち込むことができます

搭乗手続きを終えたら、保安検査場での荷物検査でX線検査の機械を通して検査を受けます。

保安検査場は混み合いますので、スムーズに検査が受けられるように、前もってカバンの中からパソコンを取り出しておいてから検査を受けましょう。

持ち込んだパソコンは飛行機の機内で使えるの?

飛行機の機内に持ち込んだパソコンは、もちろん使うこともできますよ。

ただし、スマートフォンなどと同じく離発着時は電波を発信しないように、機内モードなどに設定しておくことが条件となります。

電波を発信しない状態にしておけば、ノートパソコンを使ってDVDを鑑賞したり、音楽を聞いたりすることもできますし、ワードやエクセルなどで資料作成のお仕事をすることもできます。

また、最近は離陸した後に機内でもWi-Fiを利用できる飛行機も増えてきていますね。

Wi-Fiを利用するに当たっての細かい条件や、機内でパソコンを使う場合の決まりごとなどは、各航空会社によって少しずつ違うので、利用する航空会社の規定を確認するようにしましょう。

私が以前利用した航空会社は、離着陸時にノートパソコンを開いてはいけないと注意されました。

例えば非常口の側など、飛行機の機内の座る座席の位置などでも違う場合があるようですので、乗務員さんの指示に従ってくださいね。


スポンサーリンク


飛行機にパソコンを預ける時の注意点は?



手荷物として機内に持ち込まずに、スーツケースなどに入れてパソコンを預けたいという場合もあるかと思います。

飛行機に乗る際、ノートパソコンを荷物に入れて預けることは可能です。

ただし、あまりおすすめは出来ません。

というのも、パソコンがもしも壊れてしまったりしても一切保証はないからです。

スーツケースを預けた後、空港や飛行機でそのスーツケースがどのように扱われているかは正直分かりませんよね。

時々ネットニュースなどで見かけますが、国内はまだしも海外の場合は預けた荷物がひどい扱いで運ばれたり投げられたりしていることも・・・。

信じたくありませんが、そんなことが無いとは言い切れないのが辛いところ。

大切なデータの入ったパソコンは、飛行機に乗る時にはできるだけ手荷物として機内に持ち込むことが良いと思います。

どうしても預ける場合は



手荷物がいっぱいで、どうしても飛行機にのる際にパソコンを預けるという場合はしっかりと梱包するようにしてください!

クッション性のあるノートパソコン専用のケースなどに入れるのはもちろん、それをさらに布やタオルなどで包むなどして、衝撃に耐えられるようにしてからカバンに入れましょう。

それから、タイヤの付いたスーツケースにパソコンを入れて運ぶ時にガラガラと引っ張って歩くのもパソコンの故障に繋がる恐れがあるので、できるだけやめたほうが良いですよ。

パソコンは精密機器。

振動で基盤が歪んだりすることで壊れてしまうこともあるんです。

ですから、例えばスーツケースに入れて預ける場合でも、荷物を預ける場所まではパソコンを専用カバンなどに入れて手持ちで運び、預ける時にスーツケースに入れるという方法を取ると良いでしょう。

ちょっと面倒に思うかもしれませんが、大切なデータの入った精密機器が壊れてしまうことを考えれば、それぐらいの手間は仕方ありません!

まとめ

  • 飛行機にパソコンは持ち込める
  • 持ち込んだパソコンを使うときは航空会社の規定に従う
  • パソコンを預ける時は壊れても保証なし!しっかり対策を!

パソコンを持って飛行機にのる場合は、できる限り手荷物として機内に持ち込むのが無難です。

どうしても預ける時は、しっかり梱包して衝撃に耐えられるようにしましょう。


スポンサーリンク