裸足にスニーカーってあり!?メリット・デメリットを解説

ファッション雑誌やテレビを見ていると、オシャレなモデルさんが裸足にスニーカーを履いているというシーンはよく目にしますよね。



オシャレでカッコイイので、自分も真似したい!
と思うけど、裸足でスニーカーを履くのには抵抗があったり、実際に履いたらどんな感じなのか不安だと思うかもしれません。

私は靴擦れや臭いが気になるので、裸足にスニーカーを履くことはしていなかったのですが、オシャレに見えるのでやってみたいという気持ちもあって・・・。

そこで、スニーカーを裸足で履くことのメリットとデメリットについてまとめてみました。

これから裸足スニーカーデビューしたい!という人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スニーカーを裸足で履くことのメリット・デメリット



では、スニーカーを裸足で履くときのメリットから見てみましょう!

裸足でスニーカを履くメリット

オシャレに見える

裸足でスニーカーを履くメリットは、何と言ってもオシャレに見えることじゃないでしょうか!?

最近は特に、くるぶし丈パンツで足首を見せるスタイルが流行しているので、スニーカーを裸足で履いているととてもオシャレで洗練された感じに見えます。

ハーフパンツのスタイルや膝丈のスカート、長めのスカートなどとスニーカーを合わせるときも、中途半端な長さの靴下を履いているより、裸足のほうが絶対にオシャレに見えるんですよね。

開放感

靴下に締め付けられることがないので、足の指も自由に動かすことできて開放感がありますよね。

開放感も裸足でスニーカーを履くメリットの1つと言えるでしょう。

楽である

出かける前に靴下を「選んで」「履く」、という作業がなくなるので楽です

ほんのちょっとだけ時間の短縮にもなり、洗濯物も1つ減るという点でも楽になると言えます。

デメリット



続いて、裸足でスニーカーを履く場合のデメリットを見ていきましょう。

靴擦れしやすい

靴下を履いていないと、踵の部分や足首の部分など靴擦れしやすいです。

皮膚が直接スニーカーの硬い部分に擦れてしまうためです。

靴擦れしてしまうと、1日つらいし憂鬱なので、避けたいですよね。

スニーカーが臭くなる

裸足でスニーカーを履くのをためらうことの1つに、臭いの問題があると思います。

足の裏は、意外とたくさん汗をかきます。

汗が直接靴底に染み込んでしまうため、臭いのもととなりスニーカーが臭くなってしまいます。

おしゃれな半面、臭いは裸足でスニーカーを履く時のデメリットといえますね。

スニーカーが痛みやすい

裸足でスニーカーを履いていると、臭くなってしまうというのと同時に、痛みやすくなるというデメリットもあります。

靴底や側面にも直接肌が触れて汗を吸ってしまうと、生地は痛みやすくなりますのでスニーカーの寿命も短くなってしまいます。


スポンサーリンク

裸足でスニーカーを履くための3つのポイント

メリットとデメリットを理解した上で、やっぱり裸足でスニーカーを履きたい!
という人のために、裸足でスニーカーを履く時の3つのポイントをご紹介します。

インソールを使う

デメリットでご紹介したように、靴底に足の汗が染み込むことで臭いの原因となったり、スニーカーを早く傷めてしまうという原因になってしまいます。

そこで、市販されているインソールを使うことをおすすめします。

さまざまなタイプのインソールがありますので、持っているスニーカーに合うものを選んで使ってみましょう。

取り外してこまめに洗うことで、匂いも防ぐことができますよ。

毎日同じ靴を履かずに履き回す



これは、靴下を履いている場合や、スニーカー以外の靴でも同じことが言えるのですが、毎日同じスニーカー/靴を履いているとどうしても臭いや傷みが早くなってしまいます。

できれば何足か揃えて、毎日ローテーションで違うスニーカーを履くようにするのが理想的です。


靴擦れ対策の絆創膏

サイズが大きすぎる、小さすぎるスニーカーでは靴擦れしやすいので、自分の足にあったサイズのものを選ぶのはもちろんですよね。

が、裸足だとどうしても靴擦れしやすくなります。

そこで、足首のアキレス腱の部分や踵の部分などに絆創膏を貼っておけば、靴擦れを防ぐことができます

せっかく裸足でオシャレにスニーカーを履いているのに、絆創膏が目立ってしまうと台無しなので、透明で目立たない絆創膏がおすすめです。

まとめ

裸足でスニーカーを履くのはメリットよりもデメリットが多いのですが、やっぱりオシャレに見えるのは間違いありません。

ちょっと工夫をすれば、裸足でスニーカーを履いても問題ありません!

インソールを活用したり、スニーカーを履き回したりすることでオシャレなスニーカースタイルを楽しみましょう。

どうしても裸足でスニーカーを履くことに抵抗のある場合は、裸足に見えるようなソックスも販売されているので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク