ブラックチョコレートのカロリーは高い?食べ過ぎたら太る?

チョコレートが無性に食べたくなるときってないですか?

私はチョコレートが大好きで、小腹がすいたときにはもちろん、疲れているときやイライラしているときは甘いものが欲しくなるので、ついついチョコレートを食べてしまいます。

でも、チョコレートをいっぱい食べると太るし、でも食べたいという欲求が抑えられないから、ブラックチョコレートなら大丈夫だろうと思い手を伸ばしてしまうのですが・・・。

そもそも、本当にブラックチョコレートは普通のチョコレートとは違いカロリーが低いのか気になります。

ブラックチョコレートってカロリーは高いの?低いの?

食べ過ぎたらやっぱり太るの?

気になるので、ブラックチョコレートについて調べていきます。


スポンサーリンク

ブラックチョコレートって何?カロリーは高いの?


まず、ブラックチョコレートとはどんなチョコレートなのか、そしてカロリーが高いのかを確認しましょう。

ブラックチョコレートは、乳製品の量を減らし(乳製品を含まないものもあります)カカオマスが40%〜60%のチョコレートでミルクチョコレートと比べて苦味が強いのが特徴です。

種類によっては、カカオマス70%〜90%以上含まれているブラックチョコレートも売られています。

これを見ると、ブラックチョコレートは苦味が強いから、甘い味のチョコレートより低カロリーなのではと思いますよね。

コーヒーとかでもミルクを入れないでブラックで飲んだほうが低カロリーだし、ミルクよりブラックのほうが低カロリーというイメージもあるかもしれません。

しかし、意外にもチョコレートの中ではブラックチョコレートが1番カロリーが高いのです。
ミルクよりもブラックという概念が覆されますね。


スポンサーリンク


ブラックチョコレートの栄養成分や効能、食べ過ぎたらやっぱり太る?


次にブラックチョコレートはお腹を満たすだけではなく、身体にとっていいことはあるのか確認しましょう。

まずブラックチョコレートには2大成分が入っています。

それは、カカオポリフェノールとカカオプロテインです。

この2つの成分は私たちの身体にすごくいい働きをしてくれるのです。
 
まずカカオポリフェノールにはどういう効能があるかみていきまきょう。

高血圧の予防や改善、糖尿病の予防、脳の活性化、動脈硬化を防ぐといった私たちにとって嬉しい効能があります。

それに日々感じるストレスにも効果があります。

ストレスを感じると血中にストレスホルモンが増えていきますが、このカカオポリフェノールにはその分泌を抑える作用があるのです。

なので、イライラするな〜と思う時はブラックチョコレートを食べてみるといいですよ。

そして、女性には嬉しい美肌効果も期待できます。

ポリフェノールは抗酸化成分なので、老化を防止するという働きがあり、シミやしわを防いだり紫外線から肌を守るといった効果も期待されているのです。
 
もう1つのカカオプロテインは腸内環境を改善してくれるという効能があります。

カカオプロテインは消化されにくい性質のため、小腸では吸収されずに大腸まで届くので、食物繊維のようにお通じを改善させる働きがあるのです。

便通改善だけではなく、大腸がんの抑制や糖尿病の予防なども期待されています。

やっぱりブラックチョコレートも・・・

これだけ身体にとってすごくいい効果があるといっぱい食べたくなると思いますが、摂取量には十分注意しないといけません。

ブラックチョコレートはカカオに含まれる糖質が多いので食べすぎると糖質の摂り過ぎになります。

なので、脂肪燃焼を促進する効果があるとは言え、カロリーは高いので食べ過ぎるとやはり太りやすいので十分注意してください。

カカオ豆にはテオブロミンやカフェインも含まれていますが、それ自体はリラックス効果や脂肪燃焼を促進するなどいい効果をもたらしますが、過剰に摂取してしまうと利尿作用や興奮作用を高めてしまう危険があります。

まとめ

ブラックチョコレートは高カロリーと驚きましたが、反対に身体にとってすごく良い効能もいっぱいありました。

ブラックチョコレートはカロリーが高いが、体に良い成分もたくさん含まれているというのは特徴なんですね。

何でも適量が一番良いとうのは、ブラックチョコレートも同じ。

どんなに健康や美容にいいからといって食べすぎはよくないので、過剰摂取には十分気をつけましょう。


スポンサーリンク