睡魔に勝てない悩みの人必見!原因と8つの対策を伝授!

いろんなところで睡魔に襲われる人は多いはず。

例えば、電車に乗っているときや仕事中、勉強中など様々なところに睡魔はやってきます。

私もよく睡魔に襲われます。

学生時代の授業中であったり、仕事中にも睡魔を経験しました。

テレビを見ているときなど本当に様々なところで睡魔に襲われ、
勝てなくてそのまま寝てしまったことは数知れないです。

私だけではなく多くの人が睡魔で同じような経験をしているはず。

今回はそんな睡魔の原因と対策についてお話ししていきます。


スポンサーリンク

どうして勝てない?睡魔が襲ってくる原因


日中に襲ってくる睡魔の原因は、睡眠不足だったりお昼ご飯を食べた後だったり、
病気によるものだったりといろんな原因があります。

仕事中に睡魔が襲ってくるのもよくあると思います。

デスクワーク中心の人が睡魔に襲われがちな目の疲れです。

目が疲れると、脳は目を休ませるために指示することから睡魔が襲ってきます。

私も事務をしていたとき、パソコンをしているとよく眠たくなっていました。

よく眠たくなって、起きるのに必死でした。

  • 目などの体の疲れ
  • 体調不良
  • 睡眠不足
睡魔はいろんなものが原因で襲ってくるのです。

スポンサーリンク

睡魔を撃退する8つの対策


睡魔は突然襲ってくるもので、そのまま寝れるのであれば一番良いのですが、
絶対に寝れないときは睡魔を撃退しなければならないですよね。

といことで、ここでは睡魔を撃退する対策をご紹介します。


まず1つ目の対策は、伸びなどをしてストレッチすることです。

体を動かすことは眠気覚ましにかなり効果があります。
 
2つ目は、腕全体に水をかけることです。

身体の一部の体温を下げるのが目的なら顔を洗うだけではなく腕に水をかけるだけでも効果があります。

顔にかけるのは、女性は化粧しているので無理ですが、腕であればできまずので、試してみて下さい。
 
睡魔の撃退法、3つ目の対策は耳を引っ張ることです。

やり方は、両手で左右の耳たぶを持ち、下にゆっくり3秒引っ張ったらパチンと離します。

これを4~5回繰り返すだけです。

最後に耳全体を揉んであげることで、身体が自然とポカポカしてきて、活動モードに切り替わり睡魔を撃退できます。
 
睡魔を撃退する対策法、4つ目は睡魔に効くドリンク剤を飲むことです。

たいていのドリンク剤には、カフェインが入っています。

ノンカフェインって書いてなければ、まず入っていると考えて間違いないです。

カフェイン効果により眠気も吹っ飛びますし、飲んだだけでもスッキリでるので、睡魔の撃退に効果があります。



続いて5つ目の対策は、大声を出すことです。

思いっきり大声をあげることで、脳が活性して目覚めます。

大声で歌うことも効果があります。

状況にもよりますが、例えば一人で車の運転をしていたときなどで、急に睡魔が襲ってきたときは効果的ですね。
 
6つ目は、立ったり会話をしたりすることです。

座わりっぱなしも睡魔の原因の1つなので立つことは効果的です。

仕事柄、座りっぱなしの人は何かと理由をつけて周りの人と会話したりして眠気を吹き飛ばしましょう。
 
7つ目の対策は、深呼吸をすることです。

深呼吸は胸に息をいれるのではなく、腹部までしっかりと息を吸うことが必要です。

深呼吸ならどこでも出来るので、睡魔に襲われたらぜひ実践してみてください。
 
睡魔の撃退法、最後の8つ目の対策は、仮眠を取ることです。

一度睡魔に襲われると眠気が覚めるまでどうしても時間を取られてしまうので、全てにおいて効率が悪くなります。

なので、下手に我慢したり、ダラダラ何かするよりも仮眠を取ることが効果的です。

ただし、仮眠をする時間がすごく大切です。

仮眠は10分から20分でやめることです。

寝すぎるのは絶対にだめです。

この10分から20分という時間が、1番健康的で効果的です。

そして、次に重要なのは仮眠をするときはイスなどに座った状態で寝ることです。

ベットで寝たりすると逆に起きるのが辛くなるので座った状態で仮眠しましょう。

状況が許されないと仮眠も難しいですが、可能であれば我慢しないで少しだけ寝るというのがおすすめです。


ここで紹介した8つの対策を、睡魔に襲われた状況に応じて使ってければ良いですね。

まとめ

睡魔というのは、本当に突然やってきます。

逃れたくても逃れられないこともあります。

不思議なもので、十分に睡眠をとった次の日でも睡魔がやってくることだってありますよね。

なので、睡魔がきたらどーやって対処するかが重要だと思うので、

この撃退方法を試して睡魔をやっつけましょう。
 
睡魔がきても怖くないです。

睡魔なんてさようなら!という意気込みでやっつけてやりましょう。


スポンサーリンク